細胞培養、操作、解析の新たな技術開発

Pocket
LINEで送る

当チームリーダーはこれまで多能性幹細胞における新しい培養技術の開発に貢献してきた
(Examples: Hayashi et al., Stem Cells 2007; Hayashi et al., Plos One 2010)。

現在は他分野のエキスパート達と共同研究を行い、
細胞培養、操作、解析における新しい技術開発を実施している。