共著論文が出版されました

共著論文が出版されました

Pocket
LINEで送る

前職で所属していた筑波大学遺伝子制御学研究室を中心とした論文が出版されました。多能性幹細胞へのリプログラミングに伴って起るレトロウイルスのサイレンシングの機構について、詳細な機構と関連する因子を同定しました。Phuong Linh、西村先生、久武先生おめでとうございます!

Bui PL, Nishimura K, Seminario Mondejar G, Kumar A, Aizawa S, Murano K, Nagata K, Hayashi Y, Fukuda A, Onuma Y, Ito Y, Nakanishi M, Hisatake K. Template Activating Factor-I α Regulates Retroviral Silencing during Reprogramming. Cell Rep. 2019 Nov 12;29(7):1909-1922.e5. doi: 10.1016/j.celrep.2019.10.010. PubMed
PMID: 31722206.
Comments are closed