次世代リプログラミング因子KLF4改変体の論文を発表

iPS細胞作製の際に必要なリプログラミング因子の一つであるKLF4タンパク質において、DNAと直接相互作用するアミノ酸残基の改変体を多数作製しました。その中から「KLF4 L507A改変体(ヒトKLF4の507番目のアミノ酸残基ロイシンをアラニンに置換したもの)」を用いてiPS細胞を作製したところ、迅速、かつ高効率で、高品質なiPS細胞株を樹立できることが分かりました。

Borisova E, Nishimura K, An Y, Takami M, Li J, Song D, Matsuo-Takasaki M, Luijkx D, Aizawa S, Kuno A, Sugihara E, Sato T, Yumoto F, Terada T, Hisatake K, Hayashi Y. Structurally-discovered KLF4 variants accelerate and stabilize reprogramming to pluripotency. iScience. 2021 Dec 21:103525. doi.org/10.1016/j.isci.2021.103525

また、本論文発表に合わせて、理化学研究所と筑波大学からプレスリリースをいたしました。

次世代リプログラミング因子KLF4改変体の開発
-iPS細胞をより高効率・高品質に作製-

共著者である共同研究者の方々
ありがとうございました!

筆頭著者のJenny、おめでとうございます!

本研究成果は、従来の天然型タンパク質よりも優れたリプログラミング能を持つ「次世代リプログラミング因子」を開発した初めての例です。今後、他のリプログラミング因子においても同様な機能増強型の改変体が開発されると考えられます。その延長線上では、より効率よく高品質のiPS細胞を容易に作製できることから、患者自身から作ったiPS細胞(My iPS細胞)を用いた自家移植医療の実現に貢献すると期待できます。

また、本研究成果に関する特許のライセンスを受けて事業化を希望する企業を募集しています。

本研究の概要の図



JAG1遺伝子欠損iPS細胞の開発に関する論文を発表

Notch経路のリガンドであり、アラジール症候群の原因遺伝子として知られるJAG1 (Jagged-1)遺伝子に対して、ゲノム編集技術で欠損(INDEL)したiPS細胞株を開発しました。

Song D, Zheng YW, Hemmi Y, An Y, Noguchi M, Nakamura Y, Oda T, Hayashi Y.
Generation of human induced pluripotent stem cell lines carrying homozygous JAG1
deletions. Stem Cell Res. 2021 Oct 26;57:102588. doi: 10.1016/j.scr.2021.102588.
Epub ahead of print. PMID: 34736037.

共著者である共同研究者の方々
ありがとうございました!

筆頭著者の宋さん、おめでとうございます!

今後はこのiPS細胞株を用いた病態モデルの開発や創薬に向けて、頑張っていきます!

博士研究員の伊藤秀矩さんが加入

博士研究員として、伊藤秀矩さんが加入しました。
伊藤さんは、奈良先端科学技術大学院大学を修了しています。
これまでに、マウスES細胞を用いた血管分化とそのデバイス開発の研究や
白血病モデルマウスを用いた遺伝子解析の研究など、
非常に優れた研究成果を挙げています。
今後、更なる活躍を期待します!

BRC20周年シンポジウムとしてwebinarを開催

設立20周年を記念して、
2021年10月20、21、22日に、理研BRCのPIに加え、
植物・微生物共生、幹細胞、マウスモデルの各研究分野より16名の先生方をお招きして、
オンライン形式のシンポジウムを開催します。
是非ご参加下さい。

シンポジウムの情報や参加登録は以下のwebページから
https://web.brc.riken.jp/ja/brc20th/symposium

ISL1遺伝子の蛍光レポーターiPS細胞の開発に関する論文を発表

運動神経細胞、心筋の一部、膵臓の前駆細胞、などに発現するISL1遺伝子に対して、蛍光タンパク質であるtdTomatoを組み込んだ(ノックイン)iPS細胞をゲノム編集技術で開発しました。

Tsukamoto S, Nakade K, Wakabayashi T, Nakashima K, Takami M, Hemmi Y, Kuramochi Y, Shimizu T, Arai Y, Matsuo-Takasaki M, Noguchi M, Nakamura Y, Miwa Y, Hayashi Y. Generation of two ISL1-tdTomato reporter human induced pluripotent stem cell lines using CRISPR-Cas9 genome editing. Stem Cell Res. 2021 May;53:102363. doi: 10.1016/j.scr.2021.102363. Epub 2021 Apr 22. PMID: 34087992.

共著者である共同研究者の方々
ありがとうございました!

筆頭著者の塚本さん おめでとう!

今後はこのiPS細胞株を用いた細胞アッセイ技術の開発に向けて、頑張っていきます!

副腎白質ジストロフィーの患者由来iPS細胞の樹立に関する論文を発表

遺伝難病の一種である「副腎白質ジストロフィー」患者由来のiPS細胞(誘導多能性幹細胞)の樹立と特性解析を実施した内容をStem Cell Research誌で発表しました。

Kuramochi Y, Awaya T, Matsuo-Takasaki M, Takami M, An Y, Li J, Hemmi Y, Wakabayashi T, Arai Y, Inoue J, Noguchi M, Nakamura Y, Asaka I, Akimoto K, Saito MK, Hayashi Y. Generation of two human induced pluripotent stem cell lines derived from two X-linked adrenoleukodystrophy patients with ABCD1 mutations. Stem Cell Res. 2021 May;53:102337. doi: 10.1016/j.scr.2021.102337. Epub 2021 Apr PMID: 33901816.

共著者である共同研究者の方々
ありがとうございました!

筆頭著者の倉持君 おめでとう!

今後はこのiPS細胞を用いた副腎白質ジストロフィーの病態モデルの開発と新規治療法の創出に向けて、頑張っていきます!

「アズワン殿町ラボ ハイブリッドセミナー」での講演

株式会社アズワンの主催で、3月26日(金)に行われる「アズワン殿町ラボ ハイブリッドセミナー」で「疾患患者由来iPS細胞バンクを活用した難病・創薬研究」と題して、講演することになりました。

事前予約制だそうですので、興味のある方は、下のURLから申し込みをお願いいたします。

https://www.as-1webinar.com

COI (利益相反)開示情報
当研究室では、株式会社アズワンから資材を購入しているため、「利害関係者」にあたります。そのため、今回の講演は無報酬で行い、講演内容については、先方企業による操作は全くないことを申告いたします。

「バイオリソースセミナーinけいはんな」での講演

理化学研究所バイオリソース研究センター設立20周年記念事業の一環として、
「バイオリソースセミナーinけいはんな」が3月1日にオンラインで行われ、
林も講演いたしました。

https://www.riken.jp/pr/news/2021/20210215_1/index.html

100名を超えるたくさんの方々に来場いただきました。
厚く御礼申し上げます。

研修生 (インターン)の修了

長岡技術科学大学の卒研生として、当研究室に約3ヶ月のインターンをしていた竹内千尋さんが、インターンを修了しました。

インターン中は、
新型コロナの影響で困難な状況でしたが、
蛍光タンパク質レポーターiPS細胞の作製と特性解析、分化誘導法の開発、などと非常に精力的に実験を行いました。

今後も修士課程に進学して、研究に従事する、ということですので、
これからも頑張ってください!

今後も当研究室では、
やる気と才能に溢れる研修生を国際的に受け入れていきます。

執筆・編集した細胞培養の実践教科書の出版

株式会社じほう から、
「細胞培養実習テキスト 第2版」が出版されました。

所属する日本組織培養学会で編纂したもので、
私は編集・執筆で関わりました。

第1版から、
実習形式で細胞培養を学ぶという、
実践的なスタイルのユニークな教科書として、
皆様にご愛顧いただきました。

第2版では、
最新の情勢に沿って、アップデートするとともに、
細胞培養のより正しい知識が身につくように、モデル実験の内容や実習スケジュール等まで入念な確認作業を経て編集した内容となっています。

細胞培養に携わる全ての方に、
細胞を培養する上で必要な基礎知識や基盤技術について、
写真やイラストを用いながらわかりやすく解説しています。

第1版を持っていない方はもちろん、
第1版を持っている方も、
是非、ご購読をよろしくお願いいたします。